こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自作アンプTA2020

電子工作初めてですが、若松のTA2020キットを使ったアンプを作ろうと思います。
http://www.wakamatsu-net.com/cgibin/biz/pageshousai.cgi?code=49090010&CATE=4909
気になる所があるので質問しました。まず、
・RSDA202バランス(バス)調節と同じ事はできるのか。
・PC、iPodなどからどうやって音楽を再生するか

バランス調整はtrebleの事だと思いますが、出来るのでしょうか?
若松にある基盤を見る限りできなさそうですね^^;バスはまぁいいですが。
出来なければ同じICを使っているラステームのRSDA202にしようと思います...
それともバランス調節よりも部品などの方が大事でしょうか。

勿論アンプにスピーカーを接続しますが、どうすればiPodで再生できるでしょうか。
両端にステレオミニプラグが付いてるコードはあります。

投稿日時 - 2009-01-05 03:37:40

QNo.4604791

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>> ・RSDA202バランス(バス)調節と同じ事はできるのか。・・・バランス調整はtrebleの事だと思いますが、出来るのでしょうか? //

バランス調整とは、左右の音量差の調整機能のことです。この機能は、TA2020-020の機能ではなく、外付け回路で実装されています(おそらく、センタークリック付きのボリュームが1個だけのシンプルなものです)。したがって、若松のキットでも、ご自分でこの機能を追加することはできますが、ある程度の知識は必要です。

バス、トレブルの調整機能は、RSDA202にも実装されていません。この機能も、TA2020-020の機能ではありません。外付け回路で実装することは可能ですが、バランス調整よりも難易度は高く、オペアンプ回路が理解できなければ実現は難しいでしょう。

なお、ボリュームは、キットには含まれていませんから、別途用意します。安いものでは200円くらいでありますが、左右の偏差が大きすぎて使い物になりません。若松でいえば、アルプスのミニデテント(RK27シリーズ)か、東京光音のCP2-601シリーズをお勧めします(1500~2500円と高価ですが、左右偏差は1%以内で高精度ですし、音質もレコーディング機器に使えるほど高品質です)。

>> バランス調節よりも部品などの方が大事でしょうか。 //

RSDA202も、当初唯一のキットであったカマデンの評価基板よりは、良いグレードのパーツを使っていました。しかし、カマデン基板をベースに高品質のパーツを投入したり、基板から起こして自作したりする人が増えてきたので、「RSDA202をベースに更に改造する」という人もいます。

若松のキットは(特に高音質を謳うものは)、それらを踏まえてパーツが選定されているようです。もっとも、「高いパーツ」即「高音質」という訳ではなく、逆に汎用品の方が癖がない(しかも物理的特性も優れている)というケースも多々あります。オーディオの世界では、物理的な良悪と、聴感上の「好み」とが一致しないことが日常茶飯事ですし、個々人の「好み」は千差万別ですから、必ずしも「オーディオグレード」などにこだわる必要はありません(というより、オーディオグレードも汎用品も全部含めて、もっとも自分の好みに合う音に仕上げるのがベテランやプロだといえるので、とりあえずオーディオグレード突っ込んどけ、的な改造は、あまり参考にされない方が良いでしょう)。

>> どうすればiPodで再生できるでしょうか。両端にステレオミニプラグが付いてるコードはあります。 //

とりあえず、iPodのヘッドフォンジャック(ステレオミニ)から、アンプ側のジャックに合う形のケーブルで接続すれば良いでしょう。RSDA202であればRCAピンプラグ(ステレオ)です。若松のキットであれば、それらは各自のニーズに合わせて選択すれば良いので、ステレオミニジャック(電子パーツ店で売っています。若松にももちろん置いてあります)を取り付ければ良いでしょう。

高音質化を狙うなら、iPodのDockコネクタから音声出力を得るアダプタを自作するか(検索すれば自作記事が出てきます。Dockコネクタは、秋葉原の千石電商で取り扱いがあります)、オークションなどで売られていると思いますので、それらを購入すれば良いでしょう。

投稿日時 - 2009-01-05 11:35:50

お礼

回答ありがとうございます。
全く初めてなので、キットを使ってでも作れるのかどうか不安でありますので、
拡張はしないことにします。
しかし電子工作に興味があるのでキット使ってアンプ作ってみようと思います。

投稿日時 - 2009-01-07 00:13:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

DAV

バランス調整は左右の音量のバランスを調整するもので、高音や低音をコントロールするものではありません。
若松のTA2020キットの部品構成には可変抵抗器がないようですので、音量や音量バランスは固定でPC、iPodなど側の音量調整を使うのではないでしょうか。
このキットは高音や低音の調節(音質コントロール)、音量調節、左右音量調節、入力切替などプリアンプ機能は付いていないスピーカー駆動用のメインアンプですのでプリアンプ機能が必要でしたらこのキットは不向きでしょう。

投稿日時 - 2009-01-05 07:44:13

お礼

回答ありがとうございます。
それでしたか...じゃぁどっちを買おうと改造しない限り高音低音の調整はできないのですね。
ボリュームも出来ないのでしょうか?それはできると思いますが...
うーんまぁ今回はパワーアンプのみで我慢しましょうかな...

投稿日時 - 2009-01-06 13:44:35